TipBotとQRコードでイベント販売の暗号資産決済!

note
もにゃげ童子
もにゃげ童子
暗号資産をTwitterで気軽に投げ銭できる、「Tipbot」は、販売にも使えるんだね!
銭狐童子
銭狐童子
その場で確認できるから、イベント販売の時にも便利だね!
仔兎童子
仔兎童子
Kotoでの販売も増えてほしいですっ!

TipBotとQRコード

TipBotは、Twitterのユーザー間で、暗号資産をすばやく投げ銭(送金)しあえるサービス。わたしは現在おもに、

【BitCoin】
Bitcoin Tiproid → 説明ページ

【モナコイン】
モナコインちゃんbot 2019年9月停止予定
Monacoin Tiproid → 説明ページ
ももな@MonaTipBot → 説明ページ

【BitZeny】
りん姫@BitZeny投げ銭bot → 説明ページ

【Koto】
ことね@Koto投げ銭Bot → 説明ページ
まるるんのkotoチップ → 説明ページ

【Nem】
ねむりんちゃん(NEM Mainnet tipbot) → 説明ページ

をよく使っています。

以前、【GemBox】 が、モナバーさん(2019年4月 営業終了)にグッズを委託させていただいた際には、モナバーさんのアドバイスを参考に、このようなQRを作りました。

それぞれ1商品につき、モナコインのTipBotサービス3つぶん。このひとつ、@monatiproid をスキャンしてみると…

このような「短縮URL」が読み取られ、タップして開くと…

このようなツイートウィンドウが開くようになっています。これは
【モナバー】で
【@monatiproid】を使って
【@GemBoxWork】に
【5.5モナ】を送金し、
【GemBoxの「缶バッジ」】を購入
するというQRになります。内容確認してツイートしたら送金が完了。

投げ銭QRを作ろう (モナ建て編)

このようなQRを作る方法。

情報を入れたURLを準備する

・販売する人(受け取るTwitterID)
@GemBoxWork
・販売するもの
「DOUJI テスト商品」
・販売価格
1.14MONA
の場合のURLは

https://twitter.com/intent/tweet?text=@monatiproid tip @GemBoxWork 1.14 「DOUJI テスト商品」を購入

となります。このtext=以降がメッセージ部分。その部分だけを文字化け防止にエンコード(変換サービスサイトさまで)すると

https://twitter.com/intent/tweet?text=%40monatiproid+tip+%40GemBoxWork+1.14+%E3%80%8CDOUJI+%E3%83%86%E3%82%B9%E3%83%88%E5%95%86%E5%93%81%E3%80%8D%E3%82%92%E8%B3%BC%E5%85%A5

!な、長い!! これを、専用アプリやサービスなどでQR作成したものがこちら

★実際のQRです!スキャン後、ツイートすると送金されてしまいますのでご注意ください!

…なのですが、こんなに細かくなってしまうので、プリントサイズにも制限ができてしまいます…

【追記】
【tiproid】 の場合は、 【https://tiproid.komikikaku.com/qr?asset=mona&amount=モナコイン価格&to=@を抜いた自分のTwitterID&text=メッセージ】 で直接発行できるとのこと!

短縮URLを使う

というわけで、もうひと手間。【bit.ly】 で、この長いURLを変換すると、 【http://bit.ly/英数字】 という短いアドレスで、かなりシンプルなQRになりました! これなら中央に絵柄を入れてもすっきり。

★実際のQRです!スキャン後、ツイートすると送金されてしまいますのでご注意ください!

投げ銭QRを作ろう (円建て編)

ここまでは通貨の固定額でのQRでした。でもなんと、Tiproidちゃんには、日本円で販売価格が設定できる機能もついているんですって!こちらもやってみましょう。

https://tiproid.komikikaku.com/qr?asset=jpy&amount=100&to=GemBoxWork&text=メッセージ

赤字部分
amount=に日本円価格
to=には@を抜いた自分のTwitterID
text=には商品タイトルやメモ
を入れるだけ。

このQRをスキャンすると…取引所から価格取得をしたの2つのQRが表示された「Tiproid Station」のページにジャンプ。このQR1つ用意しておけば、円建てのMONA、BTC決済に対応できることになるのですね!これは便利!

★実際のQRです!スキャン後、ツイートすると送金されてしまいますのでご注意ください!

購入側は、このMONAまたはBitCoinいずれかを選んで、QRを読み込むか、OPEN TWEET WINDOW からツイートすれば支払い完了。

TipBot決済のデメリットはというと、Twitterをやっていなければ使えないこと、同じ通貨でもお好みでメイン使いのサービスが違ったりすること、公開ツイートで購入が知られてしまうこと…などでしょうか。

・メッセージ(メモ)部分を品番などの無難なものにしておく
・あらかじめ1つのTipBotしか使えないことを案内しておく
・別途Walletで受け取る方法も用意しておく
など、それぞれ販売側の工夫が必要になりそうです。

番外:長いURLを独自ドメインにする

ここからは決済QRに限らず。URLを 【独自ドメイン】 に置き換える方法。QRはもちろん、サイトやフライヤーに載せても場所をとらず、手打ちでもアクセスできるような、短くわかりやすいURLになります。

これにも「bit.ly」が活躍。流れとしては
・独自ドメインに、短縮専用のサブドメインを作る
・サブドメインのDNSサーバーのAレコードを変更
・bit.ly側で登録
となります。

短縮URL用のサブドメインを【item.gembox.work】 に設定した場合、
item.gembox.work/好きな英数字
という短いURLを量産できるようになります。

外部サービスなどで自動で割り当てられたマイページや商品ページなどの長〜いURLもそれぞれすっきり短縮っされた上、簡単なアクセス解析もできるようになるのもメリット。

短縮URLを使った詐欺も多く、「bit.ly」などのドメインごとブロックしているサイトやアプリも存在しますので、その対策ともなります。

詳しい手順は以下のサイトさまを参考にさせていただきました!ありがとうございます!

独自ドメインの短縮URL作成はBitlyを使うと便利なので設定方法を公開!
みなさんこんにちは、今日はかなりテクニカルな話となります。2018年3月30日(金)に突如発表されたGoogl…

イベントのキャッシュレス決済

TipBotでの決済は、複数続けて売れた時でもしっかり記録が残ること、そして、失敗や2重支払いがあった時も、その場で確認でき、お互いに証拠として残ること、事前・予約払いができることなど、イベントのような、アイテムの少ない販売スタイルと、とても相性がよいと感じていて、今後も(サービスが続く限り)取り入れて行きたいと思っています。

自分の忘備録を兼ねた投稿でもありましたが、ついでにTipBotでの暗号資産決済をお考えの方のお役に立てたり、イベントでの暗号資産決済が増えたらうれしいなと思うのでした (*´∀`*)

note
スポンサーリンク
CoinDoujiをフォローする
暗号通貨投銭童子「CoinDouji」

コメント