オリジナル布をプリントオーダー&販売してみたよ!

オーダーグッズ
もにゃげ童子
もにゃげ童子
ねえねえ!モナコインイメージの「モナー柄の布」ができたんだって!
銭狐童子
銭狐童子
(ということは…BitZenyもすぐかな…)
仔兎童子
仔兎童子
(´;ω;`)ブワッ…(涙の理由は最後に↓)

ファブリックのプリントサービス

オリジナル布のプリントサービス、何年か前まではほぼプロむけで、1Mなどの小ロット注文は、インテリアブランド生地並のお値段になってしまうため、なかなか利用できなかったのですが、最近はキャラクター布と変わらないお値段になってきました。

販売目的のハンドクラフトに使う布の場合、商用利用が可能かどうかがまず一番。一つ一つ商品説明欄に書いてくれているネットの生地屋さんも増えてきました。そこから柄の大きさ、厚みや素材、組み合わせる布…などと選んでいくと、思い通りの布に出会うのってなかなか大変なのですよね…。

オリジナルなら柄・サイズ・色はもちろん
・イラストの中の1色と全く同じ色の無地
・柄が違う同じ色
・素材の違う同じ柄
・うちのネコちゃん柄
・うちの子のお絵かき布
・型紙ごと印刷しちゃう
なんてことも自由自在。アイデア広がり、楽しいハンクラ生活が更に光り輝いてしまいます(*´Д`)

デザインの入稿

わたしが以前から利用させていただいている 「リアルファブリック」は、RGB・jpg入稿。ディスプレイで確認した色とは、かなり違うこともあるので、近い色を出す場合は、事前に公式の「カラーチャート布」の購入をおすすめします。

https://realfabric.jp/view.php?num=59&tb=&count=&category=9&pg=1

リピートのパターンなら、アップ画像は1リピート分だけでOK。解像度は200dpi。これは自宅のプリンタの場合、少々写真の荒れが気になるかな…程度の解像度。DPEプリントのような精密さはないことと、あまり小さな文字や線はにじんだり潰れることに注意。

文字や線は公式販売されている「カラー生地見本」を購入しておくと、イメージしやすいです。実際の生地の厚みや質感も比較確認できるのでおすすめ!

https://realfabric.jp/view.php?num=3036&tb=&count=&category=2002&pg=1
手に入りにくいミニチュア用の布にも挑戦したことがあるのですが、200dpiだと細かすぎる柄は満足な仕上がりになりませんでした…

オリジナルデザイン布の販売もできる!

自分専用の生地を作るだけでなく、デザイナー会員として登録することでデザイン布の販売もできます。(審査あり)

柄のミスを発見したり、色が微妙に違ったり、柄の大きさが紙上のイメージとちょっと違ったり…(←経験者)なんてこともあります。自分でサンプル購入してからの販売をおすすめします。規定サイズ以内なら、画像を詰め合わせて、何種類かのサンプルを一度に作るなんていう小技もあり!

と…今回のサンプルに詰め込んだ、「匿名暗号資産Koto」のロゴ…。左がオリジナルそのまま。中央と右がそれぞれカラーチャートで色合わせしたものなのですが、どれもあまりに違いすぎて…( ;∀;)

多少許せる色にたどり着くまでまたサンプルが必要となりました。微妙な色はなかなかむずかしい!仔兎ちゃん、布、楽しみにしてたのにごめんね。

「GemBoxPro」より、「Crypto Fabric」としてNEMイメージ・モナイメージだけ先に販売を開始しています。完成作品を販売できる「商用利用可能な布」となっていますので、腕に自信あるクラフターさん、ぜひ!

50cmからオリジナル生地・布づくり|リアルファブリック
50cmからオリジナル生地を制作・購入できるサイト。自分のデザインを登録して販売することもできます。サイト上で無料シミュレーションが可能。環境と体にやさしい水性インクで布にプリントしているので安心してご注文いただけます。

コメント