3Dペン(3Dプリンタペン・3Dアートペン)のレビュー

クラフトツール&マシン
もにゃげ童子
もにゃげ童子
これで?空中に!絵が!??
銭狐童子
銭狐童子
大きなペンみたい
仔兎童子
仔兎童子
…いまにょろっとなにかが…

3Dプリンターペンを購入!!

先日「3Dペン(3Dプリンターペン)」を購入しました! 「空中に絵が描けちゃう!」というアレです。なにもない場所に描けるわけではありませんが。

「面白そう…」と思いながらも、何を作ればいいかわからずに購入を見送った方も多いのではないでしょうか。

3Dプリンターペンってなあに?

いわゆる「3Dプリンター(FDM/熱溶解積層式)」は、フィラメントという細い樹脂材料を熱で溶かし、3Dソフト等で作ったデータを高精度でプリントするというたいへん賢いマシンですが…。

3Dプリンターペンは、ペン型で、これと同じ材料をただ熱で押し出すだけのツール。細めの接着できないグルーガンというのが一番近いイメージ。

ペンで絵を描くようにプラスチックのフィギュアやパーツがつくれるというコンセプトの商品です。

3Dプリンターペンの種類

2013年にクラウドファンディングで大成功した「3Doodler」からはじまった3Dペン、現在は3,000円〜6,000円程度で類似品があふれかえっていて、どれを選んでよいのかわからないほどでした。

どうやら、一番大きな違いは対応する材料。ざっくり
・PLA専用…低温で溶けるエコな樹脂専用タイプ
・PLA/ABS…切り替えて高温のABSもつかえる両用タイプ
・レジンを使う光硬化タイプ
あとはワイヤレスとか、デザイン、スピード切り替えや温度調整の有無など細かい好み。

PLA専用品は低温なので、多くがキッズターゲットの印象。素材にはそれぞれの良さもあるようなので、ここは迷わずどちらも使えるタイプを。

世界初である「3Doodler」のCreate(上位機種)がほしいところですが…お試しにはちょっとお値段が。機能はそれほど変わらないのでは、と、まずは安価なのものを試してみることに。

3Dペン DIYプリントペン スピード 温度調整 超軽量 冷却システム 安全保護カバー ABS PLAフィラメント適用 クリスマス 誕生日 知育 子供プレゼント

3Dプリンターペンを使ってみる

しっかりしてこのまま保管できる箱。

付属品はスタンドとアダプターとお試しフィラメント。

もともとの説明書は英語・フランス語・ドイツ語・イタリア語・スペイン語のみ。日本語は別に翻訳の紙が入っていましたが、英語ができないわたしでも英語のマニュアルのほうが理解できるレベル…(;´∀`)

話はそれますが、こういう説明書「プロの翻訳者を使わないのは節約では」と思い込んでいたのですが、もしかすると自信満々に「ネイティブだから任せて!」などと請けている翻訳業者側に問題がある可能性もあるよな…と、最近の失敗経験から(TдT)

結構長い説明のわりには特にむずかしいものではなく、
1. ABS か PLAか選ぶ
2. 熱くなるまで待つ
3. 押すと素材が出る、もう一度押すと止まる
4. 出る速さも調整できる
な感じのシンプル機能だったのでε-(´∀`*)ホッ(多分)

描いてみる

クリアファイルに付属の下絵を挟んで練習。すぐ固まるのでチョコレートより難しいかも(TдT)

自転車のタイヤ部分なのですが、歪んだり波打ったりであまりきれいとはいえません。(予想通りではある)

そうそう、描くところに敷く素材、クリアファイルは使用後、熱で波打ってしまうので、ガラスやシリコンシート、マステ貼りなどを試しましたが、滑ってしまって描くそばからはがれてしまってだめでした。ケント紙やコート紙のような紙なら傷むまでは大丈夫そう。ラミネートカードとかガラスボードとか、他にも試したいものがいくつかあるので、またこれは次の機会に。

いわゆる「空中に」はこんな感じですね。

ちょっとわかりにくいですが、立体物を芯にしてランダムにかたどってみたもの。

タイミングよいON/OFFがなかなか難しかったり、速さの設定の使い分けが必要だったり、エアブラシのハンドピースのようなもので、使いこなすまではもう少し練習が必要なようです。

3Dプリンターペンを何に使う?

3Dプリンターペン、お絵描き、フィギュアのほか、アクセサリーのパーツづくりや、インテリア小物、3Dプリンタの出力失敗部分の修正に使う方もいるんだとか。なるほど。同じ材料ですもんね!

同じツールかと驚くほどの作品をつくっている方も。YouTubeでもいろいろな作品が楽しめます。

Dessiner dans les airs en 3D - étapes:
L’impression 3D est un sujet qui passionne et chaque jour on admire les prouesses de cette technologie qui se démocratise. Dans le même état d’esprit que le « 3...

わたしは、直接作品に使う目的ではなく、縮まない・水に強い・弾力性があるという特徴から、「粘土細工などで原型を作る際の芯」や、「手芸作品に仕込むワイヤーがわり」に手軽で便利なのではと考えての入手だったのですが、それらの用途にはピッタリすぎるほどのお買い物で大正解でしたヽ(=´▽`=)ノ

モールドには流し込めなかった

ただ、もうひとつ企んでいた「モールドに流し込む」は、流し込む前に固まってしまい失敗。これは素直にレジンやグルーガンにお願いしよう(;´∀`)

ものづくりが好きなせっかちキッズにおすすめしたい

何かを作ろうとすると、どうしても乾く・焼くなど待ち時間が必要になるものですが、これは描いたそばから形になっていくため、キッズや(わたしのような)せっかちさんにはぴったりのおもちゃ。両用タイプはやっぱり熱くなるので、お子様にはPLA専用をおすすめします。

付属の材料はABSのみ(すぐなくなってしまった)だったのですが、PLAには木材が配合された木材フィラメントなんかも存在するとのことで、これからもいろいろ面白いことができそうです!(*´∀`*)/